SE・システムエンジニア派遣

派遣メイド トップ > SE・システムエンジニア派遣の時給相場・求人例・口コミ

SE・システムエンジニアの平均時給・月給・求人数

派遣として働くSEの時給ですが、都市部ではかなり高くなっています。全国平均を見ると2000円程度ですが、東京だけで見れば時給3000円台の求人も珍しくありません。「システムエンジニアが足りない都市部」つまり需要と供給バランスによる結果と言えるでしょう。

>>SE・システムエンジニア求人が多い派遣会社

SE・システムエンジニアの時給、月給はどのくらい?

派遣としてシステムエンジニアの仕事をする人は、大都市部に集中しています。特に東京の時給は平均でも2500円台と高くなっています。平均値ですから、〝時給3000円~4000円〟高収入の仕事もある点に注目したいですね。

SE・システムエンジニア
エリア 時給 月給 求人数
北海道 ¥1,300 ¥208,000 1
東北 ¥2,000 ¥320,000 1
甲信越 ¥1,600 ¥256,000 1
関東 ¥2,496 ¥399,360 527
東海 ¥1,999 ¥319,840 76
関西 ¥2,038 ¥326,080 125
中国四国 ¥1,772 ¥283,520 11
九州沖縄 ¥1,882 ¥301,120 31

大都市圏に集中しているSE・システムエンジニアの求人

圧倒的に関東、しかも東京にSEの求人が集まっています。これは単純に「都内にIT企業が集中しているから」です。需要があるから時給も高くなるので、関東のSE派遣の時給は他と大きく差をつけて高くなっていますね。「東京ではSEが足りなくて、地方ではSEの仕事がない」のが現状です。

他に気になる点としては、地方のIT企業は年のうち半分以上が「東京・大阪へ出張して業務をする」のが多いところです。例えば、地方のIT企業ですと東京に本社のある大手メーカーやIT企業の「下請け」をしているケースがあります。すると業務の内容にもよりますが「東京の方へ行ってきて」と3ヶ月、半年と東京に出向します。

派遣社員は、最初に派遣先企業と業務内容の確認をします。この時に出張があるのかどうか、特に長期出張があるのかを確認しましょう。 高収入を狙うのであれば、システムエンジニアは都内近郊、都市部に仕事を求めるしかありません。

ただ最近はデータセンターやヘルプセンターは地方に置いている企業が増えています。SEとしての仕事とは少し違いますが、専門的な知識を必要とする分野での求人はあります。ITに特化した派遣会社なら、地方でも様々な業界、職種を持っているので、システムエンジニアの仕事も見つかりやすいでしょう。

派遣社員Uさんの収入モデル

プロフィール Uさん(29歳、都市銀行)
2つの企業でSEとして正社員で勤務したが、孫請け業務で徹夜もざら。月給自体は悪くなかったが、SEは使い捨てといったカルチャーに耐えきれなかった。現在は派遣社員として、大手都市銀行のシステム開発事業に従事。
時給 3,000円(1日8H×20日)
総支給額 480,000円 (残業30時間程度で平均すると555,000円~) 
源泉所得税 約38,000円
住民税 各自で支払い(8,000円と仮定)
交通費 月15,000円と仮定(自己負担)
手取り額 494,000円

Uさんのコメント

大手本社のIT部門に就職できればいいが、中小で下請け、孫請けや請負ばかりになると本当にキツい。残業時間が1ヶ月で100時間以上も珍しくない業界。耐えきれずに辞めたが、派遣社員となってからは職場を選べるので、好条件の仕事で高い収入も得ています。残業はだいたい毎日1~2時間あるかないか、嘘のようにラクになった。今は派遣で様々な業界、上流工程以外も体験し、いずれフリーランスSEとして独立したい。

SE・システムエンジニアの派遣求人例

『〝時給4000円!〟化学製造業要件定義業務』

給与 時給4000円~ 月給74万円~
スキル SAP S/4HANAの以下モジュールの要件定義作業が可能であること SD/LE/MM/PP/QM
エリア 東京/品川
残業 月20~30時間
派遣元 ITスタッフィング

『〝大手メーカー〟社内システム構築と運用』

給与 時給1800円~ 月給30万円~
スキル 基本設計・詳細設計・プログラミング・単体テスト・結合テスト・総合テスト・運用/保守 ネットワーク運用/保守・サーバー運用/保守
エリア 愛知/名古屋
残業 月20~30時間
派遣元 パーソルテクノロジースタッフ

『〝KDDI〟システム開発上流工程』

給与 時給3000円~ 月給50万円~
スキル システム開発上級工程の経験者 プログラミング経験あり
エリア 東京/渋谷 残業:月20~30時間
派遣元 ITスタッフィング

『〝アパレル企業〟システム保守と運用』

給与 時給2400円~ 月給40万円~
スキル Excelマクロの記録/実行・要件定義・基本設計・詳細設計・プログラミング・単体テスト・結合テスト・総合テスト・運用/保守・C#・JavaScript・SQL
エリア 兵庫/神戸
残業 月10~20時間
派遣元 パーソルテクノロジースタッフ

『〝大手電力企業グループ〟紹介予定派遣』

給与 時給1800円~ 月給32万円~
スキル システム開発言語の知識 情報処理
エリア 大阪/新地 残業:月10~20時間
派遣元 ITスタッフィング

『〝自社SE〟Perlエンジニア』

給与 時給2500円~ 月給44万円~
スキル Perlでの開発経験 その他スクリプト言語
エリア 神奈川/横浜
残業 月15~30時間
派遣元 ITスタッフィング

SE・システムエンジニアの求人が多い派遣会社

1位:パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフ
エリア 求人数 利用料
全国 455件 無料
公式サイトはこちら

2位:ITスタッフィング

スタッフィング
エリア 求人数 利用料
全国 290件 無料
公式サイトはこちら

※東京都データ(エリアによって異なる可能性があります)

より好条件の仕事を紹介してもらうポイント

SEの中でも「社内SE」を希望するエンジニアが多いですね。社外SEは敬遠される傾向があります。

社外SEはその都度、顧客の要望に応えていかなくてはならず、下請け業務も多いと言われます。残業が非常にきつい、いわゆるブラック企業も「ソフト開発」などの請負業者に多いようです。例えばSlerのSEですと、プロジェクトの納期で無理を言われ、徹夜続きで業務をこなさなければクライアントの要求に応えられないといったケースです。

いっぽう、社内SEは基本的に会社のネットワークのみに対応します。派遣のシステムエンジニアの中でも、社内SEは特に残業も少なく「定時に帰れる」ところが多いようです。

ITエンジニアの中でも、システムエンジニアの仕事は専門要素も多いので「ITエンジニアに特化している」派遣会社に登録するのがベストです。担当者とも、細かい条件まで話し合えます。都内であれば求人数も多いですが、それでも2つ以上の派遣会社に登録しておく方がいいですね。都内23区外、特に地方の場合にはもっと多くの派遣会社に登録しましょう。

ITスタッフィングのような専門の派遣会社だけでなく、一般的な大手派遣会社(アデコやテンプスタッフなど)にも登録するのをお勧めします。

SEのスキルアップとは

プログラマーからSEへとなるのが主流と言われています。ただ「プログラマーとかSEとか、分けて考えていない」現場が多いのも事実で、かなり曖昧な部分がありますね。

SEは既に「技術と知識」を持っているので、何よりも「経験」が時給に影響します。SE派遣の仕事は、スキルは当然の条件としており「上流工程経験ある人」「開発経験のある人」と、加えて経験が求められます。 派遣社員は、一定の期間を経て、また次の求人を紹介してもらいます。派遣は安定性がないようにも思えますが、逆に様々な体験が出来るチャンスでもあります。

システムエンジニアは、転職を繰り返したり、派遣社員になる人も珍しくありません。他の職種のように「何回も転職していると不利」とは限らないのです。 ただし、SEも年齢が上がるにつれて、派遣の仕事が見つかりにくくなる所は否めません。そこで、派遣社員としてある程度経験を積んだら、今度は条件の良い紹介予定派遣を見つけて「社内SEとして正社員になる」のを目指す方法もあります。

高時給を目指せる「SE派遣に有利な資格」3つ

  • 基本情報技術者試験(応用情報技術者試験)
  • システムアーキテクト試験
  • ネットワークスペシャスト試験

すべて国家試験ですが、まず「基本情報技術者試験」がメジャーですね。 より高いレベルとしては、システムアーキテクト試験があります。こちらは、アプリケーションエンジニアの領域で、システム開発を主導するエンジニア向けです。基本情報技術者試験と違い、合格率も低い難関ですが、持っていればそれだけ評価されるでしょう。ネットワークスペシャリスト試験も同じく難易度が高く、ネットワーク系のSEなら、取得できれば大きな強みになります。

大手派遣会社では、スキルアップの一環として資格取得支援を行っています。

▼パーソルテクノロジースタッフのSE向け資格取得支援

エンジニア資格取得支援制度:情報技術者試験、オラクル認定試験などで「合格一時金」が支給されます。

パーソルテクノロジースタッフ就業期間中など条件を満たせば、試験によって10,000円~100,000円の支援を受けられます。 細かい条件があるので、担当者かキャリアカウンセリングを受けて相談してみるといいでしょう。派遣社員になりSEに必要な経験を積みながら、将来の時給アップにつながる資格もぜひ取得しましょう。

派遣SE・システムエンジニアとして働くメリット・デメリット

ここでは「派遣として」SE・システムエンジニアの仕事に就くメリットについて説明します。派遣でSEとして働くデメリットも含めて解説していきましょう。

派遣で働くSE・システムエンジニアのメリット

  • 環境の良い大手企業で働ける
  • 専門性やスキルにマッチした仕事、なおかつ見合った収入を得られる
  • 残業などが少なく好条件の仕事に就ける
  • スキルアップが出来る

SEは確かに、普通に働いてもアルバイトでも高収入が得られます。しかし、高い時給には高いなりの理由があります。「月給は悪くないが、残業が100時間近くあり大変」「クライアントの都合次第で、週末だろうが祝日だろうが、徹夜が続こうが、納期厳守でやらされる」といったような非常に過酷な職場があります。

派遣でSEとして働くのであれば、残業時間をハッキリと確認し、それを前提として就労出来ます。派遣先は大手や優良企業ばかりなので、100時間などという残業もありません。自分の持つスキルや経験に合わせて、より高い収入が得られる求人を探してもらいましょう。 さらに大手の派遣社員ならでは、ですが、様々なスキルアップ講座や提携スクールを割引価格で利用できます。派遣で経験を積みながらスキルアップもすれば、より高い収入も期待できますね。

派遣で働くSE・システムエンジニアのデメリット

  • いつ仕事がなくなるか安定性がない
  • とりあえず派遣でいいか、と明確な目標がないまま過ごしてしまう

システムエンジニアの仕事に限りませんが、派遣社員というのは「次の仕事が必ずある」という保証はありません。 しかし、大都市圏のように需要が非常に多いエリアであれば、SEは常に求められています。看護師さんもそうですが、業務の内容を細かく選ばないのであれば、いつでも仕事はあるわけです。

ただ、派遣としてSEで働くデメリットとしては「とりあえず、このままでいいか」という妥協に捕らわれてしまいちがな点です。若いがある程度経験もある、となると、かなり高収入が得られます。でも、ただそのまま「時給3000円だらか、いっかー」と考えたら、その後50代になった時に困ります。 派遣でSEをする目的や、自分のワークスタイルを明確にしておきましょう。何を求めるか、だからどういうシステムエンジニアの仕事に就きたいのか、きちんと認識しているかどうかが〝デメリットになるかメリットになるかの分かれ道〟です。

正社員やアルバイトと比較してどう?

まず、アルバイトでもSEは非常に高い時給が得られます。特に20代半ばから後半、それなりの経験も積み、最新のスキルも持つ人はどの業界でも貴重です。 しかし、結局、20代がいつまでも続くわけではありません。ずっとアルバイトでは、働き盛りの30代を過ぎて「え、これから、どうなるの」という不安も生まれてくるでしょう。

正社員のメリットは、賞与もあり、常に企業に「雇用されている」安心感があります。問題は、その職場が自分にマッチしているかどうか、です。不満や不安が大きいかもしれません。特にIT業界では、今だに労働基準法を無視した、過酷な現場があるのも事実です。

SEは技術職で、「手に職がある」わけです。正社員に早くからこだわらなくても、高い収入を得て次のステップに進む人も大勢います。 派遣で高い時給を短期間に稼ぐ、自分の夢や独立の為の準備と見なすのもありでしょう。派遣社員としてSEの経験を積みながら、好条件の「紹介予定派遣」(一定期間派遣として働き、その後双方の同意があれば正社員になれる)を見つけてもらう方法もあります。40代前後までに正社員になっていれば、その後も安心ですね。紹介予定派遣ならば、現場の雰囲気や実際の残業の量もわかってから入社出来ます。

どんなスキル・経験が必要?

SEとして派遣で働くには、もちろん専門知識が必要です。

必須スキル

テクニカルスキル:技術ではプログラマー出身でなくとも、最低限のプログラミング知識は必要とされています。データベース、ネットワークのスキルも必須です。上流工程(要件定義や基本設計など)の経験は強みになります。

あると有利なスキル

スキル、とは違うかもしれませんがSEにとって「コミュニケーション能力」が実は重要です。SEは、例えば顧客が「何を求めているか」「会社がどんなシステムを必要としているのか」を把握し、それを実現させなければなりません。ただシステムを開発するのではなく「条件や要望にあったシステムを提案できる」のが重要です。つまりヒアリングの能力もポイントになります。

また、プロジェクトを任される事も多いので「マネジメント力」も重要です。 言葉は悪いですが「使い捨て型」のエンジニアにならない為にも、「システム開発に必要な技術がある人」だけでなく「顧客の要望を的確に把握できる人」になるのが大切です。ただ技術さえあればいいのではなく、クライアントが満足するサービスをきちんと提供できるシステムエンジニアが求められています。

この職種に近い職種

プログラマーです。実際にプログラマーからSEになる人は沢山います。 

SE・システムエンジニアの派遣で働いている人の口コミ・体験談

『SEも派遣なら残業ほとんどなし!』

評価点 ★★★★★

SEですが、派遣社員として働くようになって「異常な残業時間」から抜け出せました。前職では、土日出勤し、しかも2日徹夜、なんていうのが当たり前のようでしたから。パーソルテクノロジースタッフに登録しています。現在は制御系の開発業務ですが9時17時で繁忙期でも19時には帰宅できます。結婚もしているので派遣は不安という面はありましたが、途切れることなく仕事も紹介してもらっていますし、共働きなのでしばらくはこのワークスタイルで経験など積んでいこうと思っています。

(33歳/パーソルテクノロジースタッフ)

『いずれ紹介予定派遣で社内SE正社員を目指しています』

評価点 ★★★★☆

プログラマーとして2年、SEとして5年のキャリアがあり、高い時給の仕事を紹介してもらっています。ただ、一生派遣社員でいいのか、と少し迷う時はあります。40代前には安定した社内SEとして働きたいので、紹介予定派遣も視野に入れて考えています。

(29歳/ITスタッフィング) 

『時給4000円の高収入!派遣という働き方もビジョンがあれば安心』

評価点 ★★★★☆

1度、ひどくタイトなスケジュールの業務を任された事があり、派遣の条件とも違ったので担当者に相談しました。すぐに派遣先と話し合ってくれて、人員も増やしてもらいスムーズにプロジェクトも進行しました。技術職ですから、派遣でも不安感はないですね。今は時給4000円の仕事をしています。高収入を得られる間は頑張り、最終的にはフリーになるか逆に育成の方に回ってノンビリしようと考えています。特に男性は「派遣」に対する抵抗感があるかもしれませんが、酷い条件の職場だと最悪うつ病なんかになる事もあるので、いろいろな働き方を考えてみるべきです。

(36歳/ITスタッフィング)

良くある質問

「SE・システムエンジニアになれば派遣で高給取りになれるって本当?」
「実力次第です!」

当然ながら専門職なので、他の派遣社員の時給よりは高くなっています。最近は、女性もこの業界への進出が目立ち、女性の一般事務などと比べれば、はるかに高い収入を得ています。ただ、時給の差も激しいのが、IT業界の特徴です。システムエンジニアの派遣も、時給1200円程度もあれば、時給4000円もあります。 経験と技術力両方を兼ねそえ、なおかつコミュニケーションに長けていれば、自然と時給の高い仕事に就けます。コミュニケーション能力は自分で意識して「相手の話を丁寧に聞き、答える」のが基本です。経験とスキルは、大手派遣会社で働く事で得られます。スキルアップ講座や資格取得支援を利用し、いろいろな業種・職種の求人を紹介してもらい、「企業に求められる人材」を目指しましょう。

少しでも高い時給、年収を得るには複数の派遣会社に登録をしましょう。求人を比較し、好条件の仕事を選べるチャンスが増えます。

「例えばプログラミングの経験が一切ないとしたら、SEとして働くのは難しい?」
「プログラミングの経験なしでもSEとして働けます」

出来ない事はありません。ただ、コーダーであるとか、プログラミング知識があるとか「ないよりは、あった方が有利」かもしれません。 大規模なプロジェクトで100名単位であれば、プログラマーとSEで仕事の領域を分けて作業するのはあります。

しかし実際の現場では「私はプログラマー、あなたはSE」と職種を分けていない所の方が多いと言われています。 プログラミングの経験がなくても、システムエンジニアに必要な知識と技術があれば問題ないでしょう。ただ一般的にシステムエンジニアはそれまでの経験や必要性から「プログラミングも出来る」人が多いという事です。

「SEの派遣社員となった場合、正社員のような福利厚生はありますか?」 
「大手派遣会社ではきちんとした福利厚生が揃っています」 

大手派遣会社では、社会保険制度や雇用保険、有給休暇等、正社員同様の制度があります。例えばパーソルテクノロジースタッフのサイトには〝法律に基づき、「派遣就業スタッフ全員社会保険加入」を実施〟と明記されています。 スキルアップ支援もあり、コナミやセントラルスポーツといったジムを割引で利用できたり、育児支援もしっかりしています。 少なくともここに挙げたパーソルテクノロジースタッフやITスタッフィング、大手派遣会社を通じて派遣社員として就労すれば、正社員なみの福利厚生を受けられます。とはいえ、今だに社会保険加入さえままならない派遣会社もあるようです。派遣として登録する時には、福利厚生面も確認しましょう。

派遣のSE・システムエンジニアはどんな仕事内容ですか?

SE・システムエンジニア派遣の仕事ですが、一般的にはシステム設計の「上流工程」を担います。例えばクライアントが「うちの職場にこんな感じのシステムが欲しいんだけど」とオーダーすると、SEはまず「実際にどんなものを必要としているのか」をヒアリングします。それを元に、希望通りにコンピューターを動かすシステムを作り上げます。

1. 企画 クライアントの要望からシステムの概要を考える(要求分析・要件定義)
2. 設計 システムの仕様を考える(基本設計)
3. 要件の設定 システムにより具体的に必要な機能などを決める(詳細設計)
4. 実装 プログラムを作成
5. 保守・運用 開発されたシステムがきちんと運用されているか

企業によって違いはあるのですが、おおむね、ここまでがシステムエンジニアの仕事とされています。簡単に言えば「システムを開発したり設計して使える段階にまでもっていく」業務内容ですね。 ただし、システムエンジニアの仕事は「ここまで」と断定はできず、運用後やテストで出たバグを修正するデバッグまでを含めるケースもあります。

 

人気の派遣会社

オー人事(スタッフサービス)

オー人事(スタッフサービス)

給与を始め休日や人間関係の状態などの実情報を 求人先ごとに独自に調査!

>>詳細

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

転職支援金が最大12万円!高給与の求人が多いので、年収重視の方にオススメ。

>>詳細

アデコ

アデコ

充実のサポート体制と求人件数の多さが魅力。紹介予定派遣もアリ。

>>詳細

実際どうなの?派遣会社の口コミ 派遣の平均時給と仕事内容 マルマル県で求人数No1は? 派遣会社検索