紹介予定派遣とは

紹介予定派遣について

紹介予定派遣について

紹介予定派遣で正社員になれる確率は50%前後と言われています。
これは必ずしも「正社員になれなかった」という残念なケースのみではなく、派遣社員の側でも「思っていた職場と違っていた」「実際に働いてみたら難しいと思った」という意志も含まれています。

企業とのマッチングは条件が叶っていてもやりたい仕事である前提のもとに就労してみても、現場での相違があるのは致し方ない面もあります。
この正社員になれる確率を考える時、少し違って視点で見ると「紹介派遣社員のメリット」がわかります。

 

紹介予定派遣のメリット

・正社員になる前に就労する事で企業の内部がわかる
・業務内容を理解した上で就労するかどうか判断できる
・通常の就職活動よりも大手企業に入社できるチャンスが大きい
・派遣期間に自分の力を時間をかけて企業にアピールできる

せっかく大学を卒業して厳しい就活を経て就職をしたのに、実際に働いてみて「うまくいかない」と言って辞めてしまう人も多いそうです。
自分の適性との相違や部署内での業務が想像していたものと違って「ついていけない」「やっていけない」という事もあるでしょう。
こうしたミスマッチを防げるのが紹介予定派遣です。だからこそ、正社員になれるのはおおよそ「半分の確率」とも言えるのではないでしょうか。

 

大手企業への入社のチャンス

紹介予定派遣の大きな魅力のひとつが「大手企業」への入社のチャンスが広がる点です。
有名大学を優秀な成績で卒業しても、上場企業や有名企業への入社は難関です。

しかし紹介予定派遣は企業が必要としている人材を絞りこんだ上でそれに見合ったスキルや経験を持つ人が応募しているので、企業側も「欲しい人材」であり働く側も「ぜひ入社したい」希望がマッチする確率が高い事になります。
普通ではなかなか入社が難しい企業へ派遣社員からステップアップして紹介予定派遣で正社員への夢を叶えた人も実際に多くいます。

 

自分の実力を企業にアピールできる

自分の実力を企業にアピールできる

例えば通常の就職試験では書類選考と短い面接のみで採用を決めます。どうしても本人の人柄や気質、履歴書上に見えないワーキングスキルなどは会社側では把握できない事もあるでしょう。面接時に緊張から思った事をうまく伝えられない場合もありますね。
しかし紹介予定派遣では派遣期間が数ケ月あるので、その期間の間にじっくりと自分の実力を発揮して会社にアピールする事が可能です。

実際にある大企業では「スキルは普通だと思った」派遣社員が周囲の人たちとすぐになじんで、プロジェクトの裏方的な役割もすすんで担う姿に「チークワークの大切な部署なので、こういう人なら安心して任せられると思った」と高い評価をだして採用した、という話を聞いた事があります。

紹介予定派遣から正社員になる確率は数字でみれば50%程度であっても内容の濃いマッチングになるので、正社員を希望しているならばぜひ利用しましょう。


↓↓ 紹介予定派遣の多い派遣会社を探すならこちらから ↓↓

転職支援サービス

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

転職支援金が最大12万円!高給与の求人が多いので、年収重視の方にオススメ。

>>詳細

オー人事(スタッフサービス)

オー人事(スタッフサービス)

給与を始め休日や人間関係の状態などの実情報を 求人先ごとに独自に調査!

>>詳細

ハタラクティブハケン

ハタラクティブハケン

正社員化82%と正社員を目指せる派遣会社。未経験OKの仕事も豊富。

>>詳細

実際どうなの?派遣会社の口コミ 派遣の平均時給と仕事内容 マルマル県で求人数No1は? 派遣会社検索