派遣 メリット/派遣 デメリット

派遣メイド トップ >派遣社員で働くメリット&デメリット とは?

「派遣として働く」メリットやデメリットについてまとめました。具体的な雇用スタイル・タイプ別に「派遣で働く」良さや問題点を紹介していきます。

派遣で働くメリット・デメリット

派遣で働くメリット・デメリット

「雇用の形態」別にメリット・デメリットを比べてみました。まずは「派遣社員・正社員・契約社員・アルバイト」それぞれの待遇や給料の違いを見てみましょう。

                                               
  派遣社員 正社員 契約社員 アルバイト・パート
給料 時給が高い 昇給がある 実力により差がある 時給が安い
ボーナスなしある契約次第なし
社会保障制度
社会保険・年金など
条件を満たせば加入加入企業との契約内容による(ない場合もある)なし(一定以上の日数と労働時間であれば加入する前提)
福利厚生大手派遣会社ならば正社員同様福利厚生は充実 ・社会保険加入あり
・正社員とは待遇や福利厚生に差がある
特になし
雇用の定義契約による更新無期雇用有期雇用有期雇用
仕事内容・業務を選べる
・時間や期間も自由
・企業の指示
・希望通りでなくても受け入れざるを得ない
・企業の指示
・契約による業務
雇用先の指示による
残業ある・なしを選べる・ある
・断れない(断りづらい)
ある・なしを選べるが正社員同様が多い指示があっても断れる

正社員と派遣社員の「メリット・デメリット」を比較 

正社員は、まず無期雇用という「将来が保証されていえる」メリットが大きいですね。いわゆる「安定した仕事」です。しかし、業務内容など自分が求めているものと違うことを指示されれば、基本的にはそれに従わざるを得ません。転勤や部署変えなども希望は出せるでしょうが、おおかたは「企業の指示があれば従う」事になります。

いっぽう、派遣社員は将来の安定はありません。しかし、派遣社員は契約前に業務内容を確認し「やりたい仕事」に就けます。短期で働く、週4日働くといった「自分のライフスタイルや希望に合わせた働き方が出来る」のが派遣社員最大のメリットです。残業も派遣の契約時に確認し、「ある・なし」を選べます。大手派遣会社であれば、福利厚生なども正社員並みです。生涯賃金となると別ですが、一定の期間だけを見れば、派遣社員の方が時給が高い=年収が高いケースもよくあります。

契約社員と派遣社員の「メリット・デメリット」を比較 

契約社員は、正社員と比べて給料が低いケースがほとんどです。契約社員は正社員に近い待遇ではあるものの、給料で大きな差がついています。特にボーナスがない契約社員は、年収で比べても派遣社員よりも安いことがよくあります。

また、福利厚生でも、派遣社員は登録しているのが大手派遣会社であれば、様々な福利厚生(スキルアップや健康診断、レジャー割引など)の恩恵を受けられます。しかし、契約社員は企業次第なので、中にはこうした社員に対する企業のサポートなどを全く受けられないデメリットがあります。

契約社員と派遣社員では、派遣社員の方がメリットが大きいですね。ただし、派遣も大手に登録しないと福利厚生がきちんとしていないケースもあります。派遣社員として働くのならば、大手派遣会社に登録する方が安心です。

アルバイト&パートと派遣社員の「メリット・デメリット」を比較 

アルバイトと派遣社員を比べた場合、まず派遣社員の方が時給が高いメリットがあります。例えば事務職でもアルバイトなら時給1000円のところ、全く同じような業務内容でも派遣社員になると、時給1300円〜1500円も珍しくありません。

また、健康保険や雇用保険の加入もフルタイムに近いようなアルバイト以外は難しいのが現状です。派遣社員は一定以上の労働日数や時間をクリアーすれば、社会保険に加入出来ます。派遣会社の福利厚生も使えます。

アルバイトのメリットは、いわゆる「縛り」がない点です。残業なども断れますし、パートなら出たい日にちを選んで出勤できるでしょう。しかし、こうした条件は派遣社員も最初の時点で「週4日・残業なし」と希望を伝えれば、それにマッチした仕事を紹介して貰えますから結果的に同じですね。その上、時給はアルバイトより高いのですから、同じ仕事をするなら「より稼げる」派遣社員の方がメリットが大きいのではないでしょうか。

こんな人は派遣で働くメリットが大きい! 

こんな人は派遣で働くメリットが大きい!

いろいろなタイプ別に派遣で働くメリットを簡潔にまとめてあります。

  • 女性 

メリット:ライフスタイルの変化が大きいのが女性です。結婚や出産を経ても、派遣社員ならば「その時の状況に応じて」働き方を選べます。

  • ITエンジニア 

メリット:残業や徹夜も多い業種ですが、派遣社員であれば契約時に明確に残業の有無や時間を決められます。またエンジニアの仕事は多岐にわたりますが、派遣であれば自分のやりたい仕事を選んで就くことが可能です。

  • 異業種・異業界にチャレンジしたい人

メリット:キャリアチェンジに挑戦しやすいのが派遣社員です。未経験でも採用されるケースも多く、まず派遣社員として異業種の経験を積み、そこからスキルアップして紹介予定派遣で正社員へ、とキャリアアップするパターンもあります。

  • 社会人経験が乏しい人 

メリット:いきなり未経験で大手企業などに入社するのは難しいのですが、派遣社員であれば可能性が高くなります。意欲や資格を派遣会社の担当がアピールしてくれますし、就労後もサポートしてくれます。社会人経験を派遣の期間で積み上げ、派遣会社のスキルアップ講座や資格取得支援を利用すれば、次にもっと好条件の仕事に就けるでしょう。

  • 夢を持っている人

メリット:例えばアーティストや自分の店を持つ、といった夢がある人。派遣なら、一時的にお金を効率よく稼ぐことが可能です。しかも自分の夢に関連するような仕事を選べば、必要な人脈作りにも役立ちます。働く時間を選べるので、夢をかなえるための自分の時間を確保できるのも派遣社員のメリットです。

  • 新卒・第二新卒 

メリット:派遣社員として一定期間働いてから入社する「紹介予定派遣」を使うと、入社してから思っていたのと違うといったミスマッチが防げます。また普通ではなかなか入社できない大企業へも入りやすいメリットがあります。

  • 子育て中の人 

学校の長期休みや行事などに合わせて、自分でスケジュールをたてて働けます。なおかつ、パートよりも高い時給を得られるので、特に子育てと仕事の両立を考えている場合には向いています。

  • 社会復帰したい人(子育て後や病気療養後など)

一定期間、仕事に就いていない場合でも大手派遣会社では登録すると「ビジネスマナー講座」「OAスキルアップ講座」などで復職支援があります。いきなりフルタイムは不安な場合には、短時間や週4日といった働き方を選ぶ事も出来ます。

知らないと失敗する!派遣での失敗例 

知らないと失敗する!派遣での失敗例 

(1)「同じ仕事なのに、他の派遣社員より時給が低かった」

事務職ですが、2つ目の仕事で派遣された大手企業は派遣社員が複数いました。仲良くなってから話をしていて「私だけ時給が安い」事に気づいてビックリ。同じ仕事でも派遣会社によって「取り分」が違うから、時給に差が出ると聞いて、あわてて他の派遣会社にも登録しました。(Nさん/33歳/女性)

▼解決策

少なくとも2〜3つの派遣会社に登録をしておきましょう。同じ仕事、似たような業務でも派遣会社によって時給が違うのはよくある事。また得意・不得意といったものもあります。

(2)「派遣なら福利厚生が充実していると思ったのに、実際は違った」

最近は派遣社員も正社員なみの待遇と聞いていたのに、最初に登録した派遣会社は社会保険加入も「今のところはまだ・・・」と曖昧な答えのまま1年が過ぎてしまいました。大手派遣会社に登録してみたところ、社会保険加入はもちろん、健康診断からレジャーの割引、スポーツジムの優待などもあって夫が勤める企業以上に充実しています。福利厚生は派遣会社によって全然違うんだなと思いました。(Tさん/26歳/女性)

▼解決策

今だに小さな派遣会社の中には社会保険さえ加入させてくれないといった口コミを見かけます。条件を満たせば派遣社員でも社会保障制度に加入できるのは当然の権利です。こうしたトラブルを避けるためにも、きちんとした大手の派遣会社に複数登録をしたいですね。

(3)「自分の希望条件の仕事を全然紹介してもらえなかった」

SEですが、派遣の担当者がエンジニア系の仕事をまったくわかっていなくて、話をしていてもちんぷんかんぷん。専門用語をまず解説しなくてはならず、途中から大丈夫かな?と不安になった。思った通りというのか、こちらが出した条件とはまるで違う仕事を紹介してきた。その後、ITに強い専門の派遣会社に登録、細かい業務内容も一発で理解してもらえて、職場環境も希望通りの企業に採用されました。(Mさん/30歳/男性)

▼解決策

IT関係や通訳、メディカル関係、介護など「専門職」では担当者もその業界に詳しくないと、こちらの希望を理解してもらえません。最近は専門職に特化した派遣会社も増えているので、ITならエンジニア派遣専門のところに登録をしましょう。なおかつ、求人数を多く持つ大手派遣会社にも登録しておくと、それぞれの業務や仕事も比較できて「選択肢」も広くなります。

(4)「派遣元の担当がクソで、相談しても全然頼りにならなかった」

WEBデザインからプログラミングまで出来ます。ゲーム会社を希望し、確かに紹介してもらいましたが入ってみたら契約と全然違う業務内容。しかも残業がほとんどないという話だったのに、毎日3〜4時間は残業しないと仕事が終わらない。すぐに派遣の担当者に連絡したが、そもそも電話に出ないし、かかってもこない!メールの返信は4日もすぎてから「善処します」って・・・。結局、何もしてくれなかった。文句を言いたくても問い合わせやサポート窓口もない。やはり小さい派遣会社は信頼できないと思った。(Aさん/28歳/男性)

▼解決策

派遣社員のメリットのひとつが「派遣会社のサポートを受けられる」点です。担当者の熱意や、採用に向けての手腕などが大きなポイント。やはり大手派遣会社の方が担当者の経験も豊富ですし、企業とのパイプも太く「優良企業」が多いので安心です。担当者とは相性もあります。そこで2つ以上の派遣会社に登録し、担当者の応対も見極めながら派遣先を決めるといいですね。

(5)「紹介してもらった仕事の条件が、実際のものと全然違った」

営業アシスタントで経験を積みたいと考えてお願いしました。紹介された求人は「営業アシスタント」となってはいました。でも実際には毎日コピーとりとコーヒー出し! たまに頼まれるのがクレームメールに対する返信だけ。雇用契約の内容では、営業部署で担当営業マン数人の補助、となっており、顧客対応や「営業マンについて外回りにも行く」と聞いていたのに、実際には雑用係です。担当者に話をしましたが「補助だからしょうがない」の一点張りで、しまいには「あなたの年齢で仕事を紹介してもらえるだけマシ」と言うのでビックリ。二度とこの派遣会社には登録しません!(Fさん/36歳/女性)

▼解決策

求人内容と実際の業務が違うといったトラブルは、実際に時々あります。こういうトラブルに派遣会社がどう対応してくれるかが大事です。こんな「仕事があるだけマシ」などと言う担当者はあり得ません! 大手派遣会社であれば、まずそんな担当者はいませんし、万が一いたとしても「サポート窓口」などに相談すればすぐに対応してもらえます。

派遣で失敗しない為のたった1つのコツは

派遣で失敗しない為のたった1つのコツは

複数の派遣会社に登録する

これがベストです。上記にあげたような失敗例は、派遣会社をちゃんと選ばなかったのがもともとの原因です。しかもどの人も1社のみに登録しているので「他と比較できず」選びようがない状況になってしまっています。サポート体制や社会保障制度もしっかりしている大手派遣会社に、2つから3つは登録しておきましょう。

複数の派遣会社に登録すれば・・・

  • 求人数が増えるのでより良い条件の仕事が見つかりやすい
  • 時給などを比べて選ぶことが出来る
  • 自分に合う派遣会社・担当者が見つかる
  • 更新時のブランクができにくい

職種・業界によって得手・不得手の会社が違うので、必ず複数社に登録して自分自身で比較することが大切です。

 

人気の派遣会社

オー人事(スタッフサービス)

オー人事(スタッフサービス)

給与を始め休日や人間関係の状態などの実情報を 求人先ごとに独自に調査!

>>詳細

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

転職支援金が最大12万円!高給与の求人が多いので、年収重視の方にオススメ。

>>詳細

アデコ

アデコ

充実のサポート体制と求人件数の多さが魅力。紹介予定派遣もアリ。

>>詳細

実際どうなの?派遣会社の口コミ 派遣の平均時給と仕事内容 マルマル県で求人数No1は? 派遣会社検索