通訳・翻訳の時給や待遇・特長は?

通訳・翻訳の時給・待遇・特長

通訳・翻訳の時給・待遇・特長

通訳・翻訳の平均時給

1,400円~1,600円

通訳や翻訳業務のごく基本的な、平均時給です。これに加えて通訳でも上級レベルとなる同時通訳やウィスパリング通訳、また専門知識があると大幅に時給がアップします。

高時給の求人例

医療書の翻訳:             2,100円
同時・ウィスパリング通訳:       3,000円~
IT企業でのコンプライアンス関連の翻訳: 2.500円~

通訳・翻訳派遣社員の時給に関する特長

大都市圏に多い仕事

地域により時給に違いが見られるのと、大都市圏に案件が集中している傾向はあります。アジア圏の通訳や翻訳業務に関しては貿易関連が多く、都市圏以外の地域にも比較的案件が多いようです。

業務内容によって時給の幅が広い

ごく簡単な英会話でのアシスタント業務だと時給も1,500円程度といった感じですがビジネス英会話で専門分野となると倍以上の時給になる事も。

 

通訳・翻訳で派遣社員として時給を高くするには

英語ができる、と、通訳業務は同じレベルではない

英会話ができても、専門的な通訳としての業務はできないといった事がよくあります。例え帰国子女で英語が流暢であっても、専門学校で通訳としてのトレーニングを受けたいたほうが有利ですし、職場での評価も高くなります。

専門的な知識とのダブル効果で時給がアップ

金融やIT関連など特殊用語が出てくる、またその知識や仕組みがないと通訳や翻訳ができないといった仕事は時給が高くなります。もともと金融業界での就業経験があり、さらにバイリンガルで通訳ができるとなると仕事の幅が広がるだけでなく、時給も平均よりかなり高くなります。

 

通訳・翻訳の派遣社員の待遇

・交通費の支給については派遣先企業によって違う
・正社員同様に社内の食堂を使える、スポーツジムを利用できるなども規定による
・技術職なので基本的に待遇は正社員なみの場合が多い

派遣会社ではスキルアップ講座が揃っているところを選びましょう。
例えば現在銀行で派遣社員として働いているのなら、提携スクールの利用などで得意の英会話を活かして通訳の専門学校で学べば一気に時給アップのお仕事が見つかりやすくなります。
また逆に通訳や翻訳の派遣をしながら、秘書検定や専門分野を学べば、これも時給アップに繋がります。
派遣会社のキャリアカウンセリングなどで相談しながら、着実にステップアップできるようにスキルと実績を積んでいくのが時給アップのポイントです。


↓↓ 通訳・翻訳の仕事を探すならこちらから ↓↓

転職支援サービス

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

転職支援金が最大12万円!高給与の求人が多いので、年収重視の方にオススメ。

>>詳細

オー人事(スタッフサービス)

オー人事(スタッフサービス)

給与を始め休日や人間関係の状態などの実情報を 求人先ごとに独自に調査!

>>詳細

ハタラクティブハケン

ハタラクティブハケン

正社員化82%と正社員を目指せる派遣会社。未経験OKの仕事も豊富。

>>詳細

実際どうなの?派遣会社の口コミ 派遣の平均時給と仕事内容 マルマル県で求人数No1は? 派遣会社検索