テレオペ・テレマーケティングの仕事内容はどういったもの?

テレオペ・テレマーケティングの仕事内容・求められるスキル

テレオペ・テレマーケティングの仕事内容・求められるスキル

電話を使った受け答えを業務とすることではテレオペとテレマーケティングは同じです。
根本的な違いはテレオペが「インバウンド」といったお客様からの受信が主な業務であり、
テレマーケティングは「アウトバウンド」というお客様に対しての発信が主となります。

この両方を総じてテレマーケティングと呼ぶ場合もあります。

>>福利厚生の充実した「リクルートスタッフィング」の派遣サービス

仕事内容

テレオペとは

・お客様からの問い合わせに対しての応対、または専門部署への取次。
・資料請求の受付や商品購入の受付。
・クレームの受付、または専門部署への取次。

このようなものが主な業務となります。

テレマーケティングとは

・営業が訪問を行うためのアポイントを取る。
・顧客のフォロー。
・自社商品のPR活動。
・市場調査のためのアンケートなど。

このようなものが主な業務です。

資金需要が発生したときに、保有財産・金融機関・市場から
自己資本・他人資本によって資金調達が成されますが、
キャッシュフローなどによって多くは予測されています。

テレオペやテレマーケティングに必要なもの

テレオペやテレマーケティングは、
取り扱う商品の専門的な知識を必要とされ、取り次ぐ先の瞬時な判断など、
さまざまな機転を必要とされます。
研修などがありますので、
その点は必要最低限の知識を身につけてから業務に携わることとなります。

後は多種多様なお客様との直接的なやり取りの中で、
日々学んでゆくものと理解したほうが良いでしょう。

テレオペは決められた時給という形での給与形態が多いものですが、
テレマーケティングはインセンティブが用意されることもあり、
その場合は高額支給となる可能性を秘めています。

 

必要な資格やスキル、経験

必要な資格やスキル、経験

基本的なPCの操作や知識を必要とされますが、
その点さえクリアしていれば後は研修による教育期間がありますので、
採用されてからの努力次第ということになります。
お客様への対応にここまでの研修期間が設けられるのは、
他業種と比べてもかなり特徴的だと思われます。
それだけ「電話でのお客様対応」は、
顔が見えないことで大変神経を使う業務だということも言えます。
基本的な社会人としてのマナーとコミュニケーション能力の上に、
プラスそれ以上を求められていると言ってもよいでしょう。
マニュアルが完備されている場合も多く、初心者でも採用される場合が多いようです。
経験者は一定の「電話での会話におけるマナー」を体得していると判断されることから、
優遇される傾向にはあるようです。

幅広い商品知識が必要か、狭くとも深い知識が必要かは、
取り扱う商品や配属部署によっても違いますので一概には言えません。
ほとんどが約1ヶ月ほどの研修期間で、
「電話での会話におけるマナー」「商品知識」「端末入力方法」などを身につけます。
ロールプレイングによる研修に多くの時間が割かれることもあるようです。
その後は「お客様から育てていただく」という姿勢によって、成長してゆくもののようです。
話しをちゃんと聞く。聞き取りやすい声で分かりやすく説明する。
この二点は必ず身につけなければならないものです。

顔が見えない営業活動となりますから、相手に与える印象が声だけで決まってしまいます。
声によるコミュニケーション能力の向上を図るといった特性ある経験は、他の業種でも活かされるスキルとなります。

 


↓↓ テレオペ・テレマーケティングの仕事を探すならこちらから ↓↓

転職支援サービス

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

転職支援金が最大12万円!高給与の求人が多いので、年収重視の方にオススメ。

>>詳細

オー人事(スタッフサービス)

オー人事(スタッフサービス)

給与を始め休日や人間関係の状態などの実情報を 求人先ごとに独自に調査!

>>詳細

ハタラクティブハケン

ハタラクティブハケン

正社員化82%と正社員を目指せる派遣会社。未経験OKの仕事も豊富。

>>詳細

実際どうなの?派遣会社の口コミ 派遣の平均時給と仕事内容 マルマル県で求人数No1は? 派遣会社検索