営業・企画営業

営業・企画営業の仕事内容・求められるスキル

営業・企画営業の仕事内容・求められるスキル

現在営業に求められるものは提案型、企画型の営業スタイルです。
そのため、企業によっては営業・企画営業の住み分けがされていない場合もあります。
転職活動時には目的をしっかり意識し、その点も踏まえて検討しましょう。

仕事内容

営業とは

営業といえば営業活動を業務として行う者ということになりますから、
「顧客に対しての働きかけ」と「新規顧客の開拓」という、
売上に直結した最前線の仕事ということになりましょうか。

「椅子に座っていてもダメだよ」と言われる類の業務と言えるでしょう。
自社の商品やサービスを売るという直接的な攻撃力が、営業の本質です。
企画営業となれば自社の商品やサービスを活かした「企画」を生み出し、
それを売ることで業績や知名度のアップを図り、
ひいては営業の数字をバックアップしていく立場と解釈できます。

企画営業とは

企画営業は、1990年代広告業界が華やかなりし頃に持てはやされた
「アカウントプランナー」という言葉から発生していると考えられます。
アカウントプランナーとは、
「クライアントの求めに合致したプロモーション活動の提案を行い、成果を示すもの」
と表すことができます。
市場と創造性が雑然とならぬよう整合性を調整しつつ、
反響・売上といった答えを「導く」作業です。
この要素を多分に含む業務や部署を「企画営業」としていました。

営業そのものは守りといった意味でのルーティン業務が自ずと多くなりますが、
企画営業となった場合はルーティン業務に加え
「提案力による新たな市場をターゲットとして客層を掴む新規開拓」
がその業務と言えるでしょう。
本来の営業活動から、更に新しい発想での市場に対するアプローチをはかるというものです。

営業と企画営業の違い

自分自身に向けた戦略によって
自身の業績アップを図る立ち位置なのか、
会社全体の方針をともなう戦略を練る立ち位置なのか
が「営業」と「企画営業」の違いと言えるでしょう。

しかし実際「営業」と「企画営業」とは、
会社によって厳密な住み分けがあるとは考えにくいものも多くなっています。
広告業界やIT関連などは厳密に分けられている場合が多いのですが、
それ以外では営業成績をアップさせるのにイマジネーションの入る余地があれば
「企画営業」と銘打つ傾向にあります。
「企画」という言葉に過度に反応すると「ただの営業だった」ということが
起こり得るということです。
自分が求める「企画営業」とは何かを意識した上で、検討することが必要でしょう。

 

必要な資格やスキル、経験

必要な資格やスキル、経験

特に資格を求められることはありませんし、PCスキルに関しても
「エクセル・ワードが出来ればなおのこと良し」といった程度の場合も多い職種です。
営業・マーケティング・企画・広報・宣伝などの業務経験者を優遇する傾向にはありますが、
必ずしも成績に反映するとは限らないことから「一つの目安」としているとも考えられます。

どんな資格を有していても業績や成績に活かされなければ
「無用の長物」とまで言われることも多いものです。
それだけ実力社会でもありますから、成績を伸ばすために自分自身に対して行う
何かしらの努力が成績に反映され、評価に結びつくというものと考えられます。

しかし机上作業とはいえ、「ざっくりとした発想を、数字的根拠をともなった
説得力のある企画書にするまでの能力」は大変高評価を得るものです。
どのような企画を立案し、どれほどの効果・業績を残したかといったものを
データとして保有する能力があれば、さらなるスキルアップに役立ちます

いかに自分をプレゼンテーション出来る材料を持っているかということが、
勝負どころとなる業種です。

 


↓↓ 営業・企画営業の仕事を探すならこちらから ↓↓

人気の派遣会社

オー人事(スタッフサービス)

オー人事(スタッフサービス)

給与を始め休日や人間関係の状態などの実情報を 求人先ごとに独自に調査!

>>詳細

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

転職支援金が最大12万円!高給与の求人が多いので、年収重視の方にオススメ。

>>詳細

アデコ

アデコ

充実のサポート体制と求人件数の多さが魅力。紹介予定派遣もアリ。

>>詳細

実際どうなの?派遣会社の口コミ 派遣の平均時給と仕事内容 マルマル県で求人数No1は? 派遣会社検索