DTPオペレーター時給や待遇・特長は?

DTPオペレーターの時給・待遇・特長

DTPオペレーターの時給・待遇・特長

DTPオペレーターの平均時給

・DTPオペレーター 1,500円前後
関東地方での平均時給です。
DTP業界では夜間勤務の業務もあり、その場合は時給も高くなります。

高時給の求人例

編集プロダクションでの編集&DTP               1,800円
制作進行管理                          1,700円~
医療所DTP                           1,800円~

 

DTPオペレーターの時給に関する特長

時給が高いのは特殊なDTP

例えば中国語と日本語バイリンガルのDTP経験がある&制作ができる、医療関係や学術書などの数式組版に対応できる、グラフィックデザイン能力もあり広告制作ができる、といった一般的なDTPオペより高度なスキルを身につけると時給もアップします。

期間限定で納期が短い業務は時給が高い傾向がある

短い期間で集中して制作する業務があります。雑誌広告や企業ツールの制作、季節もの(年賀はがきやカレンダーなど)では短期募集が出ますが、残業も多くなる可能性はありますが時給も高い傾向にあります。

DTPオペレーターで派遣社員として時給を高くするには

必須スキルを身につけた上で経験をアップ

少なくともフォトショップとイラストレーターの基本操作ができないと、採用は難しいでしょう。
最初は修正やアシスタントとして現場に入り、実地体験を繰り返して印刷所までの流れや制作方法をマスターするのが一般的です。
ディレクションやデザインまでできるようになると仕事の幅も広がります。
最近では電子書籍やWEBとの関連性もあり、そうした知識を持っていると有利になる事も多いようです。

新聞社や雑誌制作の現場は夜間シフトもある

夜間シフトの業務は時給が高くなります。

画像処理やイラスト系のスキルで時給をアップ

手書きのイラストが描ける、画像処理(切り抜きやレタッチ)の経験が豊富で作業が早い、といった得意業務があると採用されやすく、またスキルに対して時給もアップします。

DTP業界ではデザイナー志望が多いようですが、派遣の仕事としてはオペレーター業務が圧倒的に多いでしょう。しかしオペレーターとして業務をこなす中で企業でデザイン性が認められてデザイナーとしての地位を確立するといったパターンも多くあります。
いずれにしても印刷とDTPの知識と経験は必要になるので、キャリアプランを立てながら仕事を選んでステップアップしていくのがベスト。
派遣会社のキャリアカウンセリングを利用して、しっかりキャリア形成をしていくのがポイントです。


↓↓ DTPオペレーターの仕事を探すならこちらから ↓↓

人気の派遣会社

オー人事(スタッフサービス)

オー人事(スタッフサービス)

給与を始め休日や人間関係の状態などの実情報を 求人先ごとに独自に調査!

>>詳細

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

転職支援金が最大12万円!高給与の求人が多いので、年収重視の方にオススメ。

>>詳細

アデコ

アデコ

充実のサポート体制と求人件数の多さが魅力。紹介予定派遣もアリ。

>>詳細

実際どうなの?派遣会社の口コミ 派遣の平均時給と仕事内容 マルマル県で求人数No1は? 派遣会社検索