DTPオペレーターの仕事内容はどういったもの?

DTPオペレーターの仕事とは

DTPオペレーターの仕事とは

DTPソフトを使い、ちらしや小冊子から書籍までレイアウトや文字組版をする仕事です。
一般的にはDTPデザイナーとオペレーターは区別されており、オペレーターはデザイナーや編集の指示に従って文字を組んだり、画像を作成していきます。

派遣社員として働くメリット

専門職なので時給が高い
・未経験でも就労できる可能性が大きい
・自分の都合に合わせて働ける

 

必要なスキル

・DTPソフトのスキル(イラストレーター、フォトショップ、インデザインなど)
・印刷の知識
・出版の知識

DTPソフトの習得は必須です。今は誰でも簡単に使えるソフトも多くなっていますが、商業出版、商業印刷に耐えるものとなるとやはりスクールでの習得が必要となってくるでしょう。
しかしごく基本的な操作さえできれば、現場で教わりながら覚えるといった風潮も根強く残っていますから職場によっては未経験でも積極的な雇用が見込まれます。

自分で簡単なデザインやレイアウトをする事も多くありますが、基本はデザイナーの指示に従う事で意外と地味な業務。緻密さや几帳面さも要求されます。
DTPエキスパートなどの資格も有利です。

派遣ではどんな仕事があるの?

・学術系出版社での参考書組版
・フリーマガジンなどのDTPオペ
・ちらし広告作成
・アパレル会社でカタログ作成

DTPといっても出版社や印刷会社に限らず、広告代理店での仕事や大手企業になると内部にデザイン部門を持ちオペレーターを採用するパターンもあります。編集プロダクションや制作会社の仕事も多く、短期集中から長期、また夜間のみといった雇用もあります。

 

DTPオペレーターの派遣社員としてのステップアップ

DTP業界も経験が優遇される傾向はあります。
オリジナリティが求められるのはデザイナーであり、オペレーターは指示やデザイナーの意向を読み取り忠実にデータ作成をする能力の方が評価されます。文字組版、パッケージ制作、と得意分野を作ることで採用されやすくなるでしょう。

印刷の知識や経験は有利になります。派遣会社のスキルアップサポートで提携スクールなどがあればDTPエキスパートの資格取得も時給アップに繋がります。また派遣では「スピード」が重要視される場面も多く、ミスがなく作業効率の高いオペレーターになる事で時給の高い案件で採用される確率もアップするでしょう。

他にも手書きのイラストが描けるなどプラスαのスキル、DTP経験があり制作の流れも把握していれば管理業務に携われるようになる、といった事で高時給が期待できます。


↓↓ DTPオペレーターの仕事を探すならこちらから ↓↓

転職支援サービス

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

転職支援金が最大12万円!高給与の求人が多いので、年収重視の方にオススメ。

>>詳細

オー人事(スタッフサービス)

オー人事(スタッフサービス)

給与を始め休日や人間関係の状態などの実情報を 求人先ごとに独自に調査!

>>詳細

ハタラクティブハケン

ハタラクティブハケン

正社員化82%と正社員を目指せる派遣会社。未経験OKの仕事も豊富。

>>詳細

実際どうなの?派遣会社の口コミ 派遣の平均時給と仕事内容 マルマル県で求人数No1は? 派遣会社検索