派遣での貿易事務・国際事務の仕事内容、求められるスキルとは?

貿易事務・国際事務のお仕事

貿易事務・国際事務のお仕事

貿易・国際事務のお仕事は、輸入や輸出に関する書類の作成や 電話対応、
ファイリングといった業務が主です。英語でのやり取りがメインになるので、
日常会話レベルの英語力と貿易に関する専門用語の知識が必要です。

貿易事務・国際事務の仕事内容

貿易事務・国際事務のお仕事は、商社・メーカー・船舶会社・乙仲と
呼ばれる海運貨物取扱い業者といった業界に求められているものです。
この他に銀行や保険業界なども挙げられます。
書類作成・入力業務・打ち合わせ、確認・ファイリングといった、
商品の輸出入に関して必要な手続きに関わる事務処理が主な仕事です。

ここには商品の受注発注、輸送手続・倉庫の手配・
通関手続き・船積手続き・代金回収・クレーム処理などが関わってきます。

貿易事務は大きく「輸出業務」「輸入業務」の二つに分けられていると考えていいでしょう。

必要なスキル・経験

高い語学力が求められていると考えがちですが、実際はそこまで
要求されていないようです。TOEICスコアであれば概ね600程度が目安とされています。
コミニュケーション能力は必要とされていますが、
電話応対がほとんど無い職場も多いようです。

貿易・国際事務で発生するやり取りのほとんどは定型文書の作成や
Correspondence(通称コレポン)と呼ばれる国際貿易取引で使われる
取引通信文であるため、ある程度の英語力で対応できるとされています。
そこには書類作成に必要なPCの基本的な操作知識と ワード・エクセルなどのスキル
が求められるでしょう。SAPナレッジの経験があれば尚良しとしている求人も多く見られます。

輸出入に冠する法律や通関・船積・外国為替などの
専門知識を求められる場合も多いことから、通関士・貿易実務検定などを持つと
能力の根拠を第三者的に表すことが出来ます。また貿易も多様化していますので、
英語の能力にプラス他国語の能力があれば更に需要が高まります。

何かしらの事務経験があれば、貿易・国際事務の
経験の有無を問わないクライアントも多く存在しているようです。
ただし書類等の「制作」と「理解」加えて「時間・期限等の認識と把握、
それに伴う手配と処理」に、緻密な正確性が求められます。輸出入業務は
時間との勝負となる場面も多いことから、1つの不備が大問題となる場合もあるのです。


↓↓ 貿易事務・国際事務の仕事を探すならこちらから ↓↓

 

転職支援サービス

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

転職支援金が最大12万円!高給与の求人が多いので、年収重視の方にオススメ。

>>詳細

オー人事(スタッフサービス)

オー人事(スタッフサービス)

給与を始め休日や人間関係の状態などの実情報を 求人先ごとに独自に調査!

>>詳細

ハタラクティブハケン

ハタラクティブハケン

正社員化82%と正社員を目指せる派遣会社。未経験OKの仕事も豊富。

>>詳細

実際どうなの?派遣会社の口コミ 派遣の平均時給と仕事内容 マルマル県で求人数No1は? 派遣会社検索