派遣 時給交渉

派遣メイド トップ > 派遣社員でも時給アップ交渉は出来る?

派遣の時給交渉のタイミングとコツ

派遣の時給交渉のタイミングとコツ

時給は自分から言わないと上がることはほとんどありません。

ここでは、派遣の時給交渉のコツやタイミングについてご紹介します。

>>交渉に失敗した時の時給アップ方法

交渉のタイミング

派遣の時給交渉には適したタイミングがあります。

1年~1年半経過後の契約更新時がベスト

一番良いタイミングは、1年から1年半ほど経った更新のタイミングです。この時に派遣会社の担当に伝えてみましょう。

3ヶ月~半年ごとの契約更新というところが多いと思いますが、最初の更新時はまだ仕事にやっと慣れてきたという段階です。

このタイミングで時給交渉を切り出すのは無謀と言わざるを得ません。

注意しなければならないのは、交渉をするのは派遣先ではなく派遣会社だということです。

派遣社員は派遣会社と雇用契約を結んでおり、給料を支払うのは派遣会社なので、派遣先にお願いするのは間違いです。

あまり頻繁に言うのは心証を悪くさせる原因にもなります。時給交渉に失敗してしまったら、1年後を目安に再度行ってみましょう。

>>交渉に失敗した時の時給アップ方法

就業前に時給交渉できる?

他社求人と比較して同じ派遣先で同じ部署、同じ仕事内容で時給が低かった場合は交渉の余地があります。

しかし、同じ会社でも部署や仕事内容によって時給が違うということはよくあることなので、他部署の時給は時給交渉の切り札にはならないです。

時給交渉のコツ

派遣社員の時給交渉のコツ

時給交渉は切り出すタイミングも大切ですが、やり方を間違えるとマイナスイメージを与えてしまい逆効果になることもあります。

上手な交渉のコツを抑えておきましょう。

派遣先、派遣元双方との良好な関係を築いておくのが前提

派遣会社のマージン率は下がらないと思った方が良いので、時給アップには派遣元に上げてもらうことになります。

それを認めてもらうには仕事で結果を出したり、積極的に周囲とコミュニケーションを取ったりするなど、派遣先内での自分の評価を上げておくしかありません。

派遣会社の担当者ともしっかりとした関係を築いておきましょう。

また、派遣会社との面談などで派遣先からの自分の評価を聞き、改善点があれば改善しましょう。遅刻や欠勤の多い人は時給交渉以前の問題です。

時給アップのためには良い人間関係を築いておくことが非常に重要です。スキルはもとより、誠実な仕事ぶりや人柄も評価の対象ですので、日頃からの努力が大切ですね

時給アップには理由が必要

最近は派遣勤続年数が長いという理由だけでは時給は上がらなくなっています。

派遣会社側も交渉には労力を使います。いきなり時給交渉をしても跳ね返される可能性が高いですが、時給が上がる根拠があれば通りやすくなります。

スキルアップしたり業務に役立つ資格を取った時

業務に必要なソフトを使いこなせるようになったり、資格取得したりすることは時給アップの理由になります。

派遣会社の営業担当も、資格取得は派遣先に交渉するのに具体的な理由として挙げやすいと言います。

取得する資格がない場合でも派遣会社のスキルアップ講座に通うなど、努力をアピールするのも有効です。

当初の契約以上の仕事をするようになった時

同じ派遣先で長く働いていると、業務量や仕事の範囲、責任もそれなりに増えてきます。後から入ってきた派遣の指導をする立場にある人もいるかもしれません。

こういった仕事範囲の拡大も時給を上げてもらう理由になりますが、この場合はいきなり時給交渉をするのではなく、事前に何度か派遣会社の営業担当に相談という形で伝えておくのがポイントです。

例えば「後輩の派遣社員の指導もすることになった」「仕事の範囲が広がって当初の契約以上のことを行っている」など、日頃から頑張っていることをきちんと伝えておきます。

土台を作っておいてから更新のタイミングで時給交渉をするという流れだと時給交渉もスムーズです。

派遣会社の担当者も状況を理解している分、突然切り出すよりも交渉しやすくなります。

大幅な時給アップを狙わない

派遣の時給交渉でいきなり100円上がるのは難しいと思った方が良いです。

派遣会社のマージン率を考慮すると、時給が100円上がるには派遣先にはその数倍のアップをしてもらわなければならず、ハードルが高いのです。10円単位の低めの金額ならまだ通りやすいです。

時給を上げて欲しい理由を明確に提示しながら「せめて50円でも」などという言い方で交渉をしてみましょう。

交渉に失敗した時の時給アップ方法

派遣社員が時給交渉に失敗したら

あなたが時給を上げてでも残って欲しい、派遣先に必要とされる人になれば、時給交渉は成功する可能性は高いです。

時給交渉が長らく上手くいかず悩んでいるなら、次回の更新はせず新しい仕事を探す方がより良い時給が得られる可能性が高くなることもあります。

この方法だと時給交渉をせずに時給を上げることができます。

現在の派遣会社が派遣先との時給交渉を行ってくれない場合は派遣会社を変えた方が良いです。

まずは今の仕事を辞める前に、複数の派遣会社に登録しておきましょう。そうすれば、今より良い時給の仕事を紹介して貰えたタイミングで退職することが出来ます。

>>口コミの良い派遣会社ランキング

次の更新まで期間がある場合も、他の派遣会社の登録だけは先に行っておくと良いです。

そうすることで、どの派遣会社でどんな条件の仕事があるのかが把握できるため、より良い条件の仕事を得るチャンスが高くなると言えるでしょう。

 

人気の派遣会社

オー人事(スタッフサービス)

オー人事(スタッフサービス)

給与を始め休日や人間関係の状態などの実情報を 求人先ごとに独自に調査!

>>詳細

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

転職支援金が最大12万円!高給与の求人が多いので、年収重視の方にオススメ。

>>詳細

アデコ

アデコ

充実のサポート体制と求人件数の多さが魅力。紹介予定派遣もアリ。

>>詳細

実際どうなの?派遣会社の口コミ 派遣の平均時給と仕事内容 マルマル県で求人数No1は? 派遣会社検索