Wワークのポイント

Wワークって何?

Wワークって何?

Wワークとは、派遣のお仕事の終了後や休日を利用して別のお仕事をすることを言います。

時給制の派遣の仕事のデメリットの1つ「毎月の給与が安定しない」ことをカバーする為に
長期休暇や休日に別の仕事をしたり、残業の少ない派遣の仕事に就いて、
終了後に他のお仕事をしている人も珍しくありません。

派遣元企業の中には、Wワークを禁止しているところもありますので、
事前にWワークが可能かどうかの確認をしておくことが、トラブル回避の秘訣です。

Wワークをする時の注意点

1.本業に影響を出さない

これが一番大切です。派遣といえど責任をもって仕事をしなくてはいけません。
副業の疲れがたまり遅刻をしたり欠勤が増えてしまうと本末転倒。
しっかりと体調管理が出来る自信がある人でないと向いていないかもしれません。

2.トラブルを起こさないために、雇用元へしっかり伝える

まずは、本業・副業ともにダブルワークをしていることを伝えておきましょう。

また同業種でのお仕事は企業秘密や守秘義務がありますので、こちらも事前に確認を。


3.税金など法律に関する注意点

年末調整や確定申告、各種税金…など、収入源が二つになることで
多少面倒になってしまう事もあります。
漏れが無いように自分自身でしっかりと確認、把握することが大切です。

また労働時間等の決まりは、全ての仕事を合わせての計算です。
オーバーしてしまった場合どちらの雇用元が責任を取るのか、
難しい問題になってしまいます。

Wワークの仕事を探すには

Wワークの仕事を探すには

1.かけもち派遣や単発でのお仕事を探す

たとえば平日の週3~4日をA社で派遣として働き、土日2日をB社で派遣として働く、
などと複数の派遣元企業に登録してWワークをするケース。
土日祝日の方が時給が高い場合がありますし、
連休などが入ってしまった場合にB社での仕事でカバーすることが出来ます。
また単発のアルバイトや派遣でしたら、事前に入れる日が分かっているので
予定を立てやすいと思います。
特に長期休暇や連休などを埋めたいと思うならば、単発をオススメします。

2.在宅で副収入を得る

最近は自宅で気軽に出来る副業が増えています。
たとえばブログ記事の投稿や翻訳、テープ起こしなど。
アンケートやエキストラとして謝礼をもらえるものもあります。
「がっつり働きに出るのは辛いけれど、月1、2万円でもいいから副収入が欲しい」
と考えている方にはこちらの方が向いているかもしれません。

Wワークを可能にするためには

Wワークは想像よりも負担が掛かり、生活を安定させるのは難しいことです。

しっかりと目標を持って行うことが、Wワークを続けるポイントかもしれません。

たとえば「もっとスキルを磨きたい」「海外旅行に行きたいので半年で10万円貯める」
「留学資金を貯める」など。
なぜWワークをしたいのかという明確な目標や期間があれば、
企業側も許可をしやすいと思います。

環境も整えましょう。

確実に空いていて働ける時間はいつなのか、双方の仕事に迷惑をかけないようには…。
またどれくらいの時間なら働けるのか、自分自身の休息の時間はしっかりとれるのか、など、
総合的に考えて環境を整えていきましょう。

環境が整ったら、自分の目標や体力、本業との兼ね合いをみて仕事を選びましょう。
応募時にWワークという事を先に伝えると話が早いかもしれません。
無理のない範囲で、Wワークを頑張ってくださいね!

人気の派遣会社

オー人事(スタッフサービス)

オー人事(スタッフサービス)

給与を始め休日や人間関係の状態などの実情報を 求人先ごとに独自に調査!

>>詳細

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

転職支援金が最大12万円!高給与の求人が多いので、年収重視の方にオススメ。

>>詳細

アデコ

アデコ

充実のサポート体制と求人件数の多さが魅力。紹介予定派遣もアリ。

>>詳細

実際どうなの?派遣会社の口コミ 派遣の平均時給と仕事内容 マルマル県で求人数No1は? 派遣会社検索