紹介予定派遣

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは、平均3~6ヶ月前後のあいだ派遣スタッフとして勤務した後、
お互いに合意した場合にそのまま企業と直接契約ができるシステムです。

通常の一般労働者派遣は更新を繰り返していきますが、
紹介予定派遣は元々期間が決まっており、
その期間が過ぎたのちに直接雇用となる事を前提としたお仕事の事です。

 

紹介予定派遣のメリット

1.直接雇用の前に、職場の雰囲気や仕事内容をよく理解できる

紹介予定派遣の一番の魅力は、事前に仕事内容や雰囲気が分かることです。
入社してからの「こんなはずではなかった」という事態を
避けることができるのが大きな魅力ですね。
ブラック企業という言葉がはやっているように、
法律を無視した無理な残業や休日出勤、時間外労働の賃金の不払いなど
そういった事を行っている企業を予め避けることができるのは、
働く人には大きなメリットです。

 

また、企業も労働者もお互いを見極められるので、
直接雇用となった後の短期退職など防ぐことができます。

働くならばよい環境で仕事していきたいもの。
もし安定して働いていくことを望んでいるならば、
積極的に紹介予定派遣を希望してみるのがいいかもしれません。

ただし紹介予定派遣は直接雇用であり、正規雇用のほかにパート契約も含まれています。
必ずしも正社員とは限りませんので、派遣会社へ必ず確認しましょう。

 

2.未経験の業種でも可能性がある

中途で未経験の業種を希望する場合、正社員を目指しての就職活動の場合
どうしても実務経験必須の募集がほどんどで入るスキがありません。
派遣スタッフとしてならば、未経験でもその業界に入り込むことが十分可能です。
そこから経験を積み、正社員への道を開くということもできるのです。

さらには、派遣会社がカウンセリングやサポートをしてくれる場合がほどんど。
未経験だけれど行きたい業界がある場合は、親身に相談に乗ってくれますので、
利用しない理由はないですよね。

紹介予定派遣のデメリット

紹介予定派遣のデメリット

1.正社員への道は狭き門であるということ

紹介予定派遣のお仕事につけたからといって、必ず正社員になれるわけではありません。

注意しなくてはいけない点は、紹介予定派遣の直接雇用は
正社員だけでなく契約社員やパート契約も含まれているという点。

ですから、契約期間が過ぎた後、
正社員としては雇えないけれど、契約社員やパート・アルバイトならOK
といった場合も多くあります。

もちろん企業側が希望するスキルに満たなく、そのまま契約が切れてしまう事もあります。
ですからまず初めに「どういった形態での直接雇用なのか」を確認しましょう。

事前に状況を把握しておくことが、自分の望む働き方に近づく第一歩ですね。

 

2.派遣のほうが待遇が良かった・・

時給制の派遣社員に長時間残業をさせる企業は少ないですよね。
正規雇用でフルタイムの勤務となったとたんに、
残業時間がグンと増えてしまい、時給換算してみると
派遣のころよりもかなり減ってしまったというケースもあります。

また、今の時代は正社員でもボーナスが出ない企業もありますので、
結果的に年収も変わらない、または減ってしまったということも。

自分の条件から見て、良い企業・悪い企業をしっかりと見極め、
不明瞭な点があれば先に解決しておくことが大切です。
また、派遣会社へしっかりと希望の勤務条件や勤務形態を伝えるようにしましょう。

転職支援サービス

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

転職支援金が最大12万円!高給与の求人が多いので、年収重視の方にオススメ。

>>詳細

オー人事(スタッフサービス)

オー人事(スタッフサービス)

給与を始め休日や人間関係の状態などの実情報を 求人先ごとに独自に調査!

>>詳細

ハタラクティブハケン

ハタラクティブハケン

正社員化82%と正社員を目指せる派遣会社。未経験OKの仕事も豊富。

>>詳細

実際どうなの?派遣会社の口コミ 派遣の平均時給と仕事内容 マルマル県で求人数No1は? 派遣会社検索