顔合わせのポイント

派遣先との顔合わせとは?※顔合わせの服装・注意点あり※

顔合わせって何?

派遣先との「顔合わせ」とは、登録者が派遣会社から紹介された企業を訪問し、企業の方と直接会う機会のことです。

この「顔合わせ」は、就業前に派遣先の企業と登録者が会う貴重な機会。
企業からすると面接に近い意味合いを持っています。
「顔合わせ」と聞くとすでにその企業への派遣が決まったかのように思いますが、そうではありません。
「顔合わせ」は企業にとっては派遣社員採用の重要な判断材料となっています。
登録者は、面接に行くんだというくらいの気持ちで良いでしょう。
実際、この顔合わせは人によって通過率が異なります。
特に苦労せずに「顔合わせ」を通過できる人もいれば、なかなか「顔合わせ」を通過できない人もいるようです。

なかなか通過できない人は、1人で悩みを抱え込まずに派遣会社の担当のコンサルタントへ相談しましょう。

 

担当者が横でサポート

「顔合わせ」が一般の面接と大きく異なるのは、横に人材派遣会社の担当者がいることでしょう。
担当者はいわば登録者の宣伝係のような存在です。

登録者を紹介する立場の人間として、登録者がどれほど優れた人材であるかを説明してくれます。
そのため、「顔合わせ」をするにあたり登録者と担当者間で充分にコミュニケーションを取ることが重要でしょう。

また、ここで働きたいという意欲を事前に伝えることも大切ですね。

 

「顔合わせ」の内容

「顔合わせ」の内容

1.自己紹介

まずは登録者が簡潔に自己紹介を行うことがほとんどです。
学歴などより職歴やスキルなどを伝える方が良いでしょう。
こういった際、資格という形で自分のスキルを証明することができると、より説得力がありますね。


2.業務スキルの確認

派遣先企業が、求人票で求めたスキルに間違いがないか確認を行います。
ここはとても重要な箇所です。
しっかり相手企業が求めるスキルを持っていることを知ってもらいましょう。

 

3.質問をして終了

最後に企業が登録者へ質問タイムを設けることが多いでしょう。
この機会を逃すと、なかなか質問をする機会は減ってしまいます。
あまり遠慮せずに尋ねてみてください。
質問内容の例としては「平均残業時間はどれくらいか?」「職場の雰囲気はどうか?」「いつから働けるか?」などです。

 

顔合わせの注意点

1.服装

服装はスーツを着用しましょう。

1.言葉づかい

特に女性の事務職の方は気を付けましょう。
倍率が高い案件の場合、ほんの些細なことも評価基準となってしまう可能性があります。

 

1.イキイキと!

第一印象は相手のイメージを大きく左右します。
好印象を与えるためにも、気を張りましょう。

もし顔合わせに失敗したら新しい人材派遣会社に再登録するのも賢い方法。担当者との相性がイマイチという理由で複数登録する人もいます。

 

    ↓ 担当者もしっかりしているオススメの派遣会社 ↓

転職支援サービス

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

転職支援金が最大12万円!高給与の求人が多いので、年収重視の方にオススメ。

>>詳細

オー人事(スタッフサービス)

オー人事(スタッフサービス)

給与を始め休日や人間関係の状態などの実情報を 求人先ごとに独自に調査!

>>詳細

ハタラクティブハケン

ハタラクティブハケン

正社員化82%と正社員を目指せる派遣会社。未経験OKの仕事も豊富。

>>詳細

実際どうなの?派遣会社の口コミ 派遣の平均時給と仕事内容 マルマル県で求人数No1は? 派遣会社検索